これ、聞いてみて下さい。くだらないけど、おもしろいですよ。人身事故の陰鬱な気分も吹き飛びます。

スポンサードサーチ

2013年02月20日

小学生の近視を治す簡単な視力回復トレーニング

小学生の近視には、視力回復トレーニングが有効だって、わかっていても、
なかなか行動に移せないものです。

心のどこかで、そんなことしなくてもと疑っているからですね。

でも、近視を直さないで、メガネなんかかけるのは、絶対にさけたほうがいいです。
メガネをかけて生活し始めると、近視は、どんどん進んでしまいます。

それだけなら、まだいいのですが、
子供のころから度の強いメガネをかけていると、
網膜剥離や緑内障になるリスクが高まるんですよ。
どちらの病気も失明するかもしれない重大な目の病です。

だから、視力回復トレーニングで、
一時的にフリーズした目のピント調整機能を回復させましょう。

そうです。
小学生の近視は、まだ仮性近視なので、
一時的にピントの調節機能がフリーズしているだけなんですね。

だから、毎日13分、2ヶ月トレーニングを続ければ、視力は確実に回復します。
posted by krds at 10:34| 千葉 ☀| Comment(0) | 子供の視力回復トレーニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月04日

小学生の近視

最近、近視になる小学生が増えているようですね。

目に悪い生活環境や社会環境のせいですね。

もう少し、社会全体でこのことは、考えないといけません。

虫歯予防は、家庭の躾が行き届いているんでしょうね。

虫歯の子供は減っているそうです。

だから、まずは、親のほうから、眼のケアについての認識を改めないといけません。

近くのものを、長時間見続けると、眼のピント調節機能がフリーズしてしまいます。

この一時的なピント調節機能のフリーズ状態が近視の始まりです。

早期に、視力回復トレーニングをすれば、
この一時的なピント調節機能のフリーズは
直ぐに回復します。

だから、視力が落ちてから、慌てて眼科にいってメガネをつくるのではなく、
日常生活の中で、いかに、眼のケアをしていくかが重要です。

posted by krds at 08:50| 千葉 ☀| Comment(0) | 子供の視力回復トレーニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月21日

小学生の近視を治す方法

小学生の近視を治すには、視力回復トレーニングがおススメです。

というより、他の方法はおススメできません。

まず、眼科の先生がメガネをかけましょうといわれても、眼鏡を作ってはいけません。

いったん、眼鏡をかけてしまうと、どんどん度の強いメガネをかけなくては、
ならなくなります。

コンタクトレンズにするなんて、いうのは最悪です。

メガネをすれば、物はよく見えるようになります。

でも、それは、目がよくなったからでは、ありません。

近視になって、遠くのものが見にくくなるのは、

眼のピント調節機能がフリーズしてしまうのが、原因です。

まだ、仮性近視の状態なのに、眼鏡をかけてしまえば、

このフリーズ状態は元にもどりません。

視力回復とレーニングなら、羊毛帯筋のピント調節機能を
取り戻すことができます。
posted by krds at 09:12| 千葉 ☀| Comment(0) | 子供の視力回復トレーニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スポンサードサーチ

PR

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。